救命は軽く死ねる

救命は軽く死ねる

私が働いていた病院は3次救急のあるところでした。新卒から採用され、救命救急センターの配属となりました。
配属されて3年目に突入した頃、迅速な判断・機敏さ・技術が必要な救急外来へ異動となりました。
3次救急ですので、高度な医療を必要とする患者さんが続々と運ばれてくることに最初はうろたえてしまっていましたが、3か月ほど経つとようやく慣れてくることができました。

そんなある日、ホットライン(救急車から搬送依頼の連絡が入る電話)がなりました。
CPA(心臓が停止した状態)の患者さんの受け入れ要請でした。
私が働いている病院は、3次救急といえど、地方で田舎のため、CPAというとご老人ばかりでした。
食べ物をのどに詰まらせって窒息した患者さんや、動脈が破裂してしまった患者さん、、、老化に伴う病気が原因で心停止になってしまった患者さんばかりでした。

年齢も80~90歳ぐらいの方が多く、一応蘇生を試みますが、蘇生したとしても脳にダメージを受けている可能性が高いのです。
ですので、「じゃぁ家族が到着するまで、とりあえず蘇生頑張ってみましょうか?」というような雰囲気が漂っていたのが事実です。

しかし、その日は違いました。

救急隊員から「CPAで、20代の男性です。JCS300。車の下敷きになってしまった模様」と言われ、私は耳を疑いました。

私はそんな若い方のCPAを体験したことがありませんでした。いつになく現場には緊張感が漂い始めました。
すぐに受け入れ可能と返事をし、受け入れの準備をし始めました。私もまだ20代で、同世代の人がまさか心停止だなんて驚きを隠せませんでした。

自然と焦りが出て、手先は少し震えてしまっていました。

数分後に心臓マッサージをしながら運ばれてきた20代の患者さんはすでに顔面蒼白で、車の衝撃を受けたであろう胸は紫に変色して腫れあがり、全身チアノーゼも出ていました。
心電図をつけてももちろん波形はフラット(心停止)、すぐにドクターの指示で蘇生が行われました。後から到着した家族は泣き崩れており、医療者は一生懸命治療を行いました。
しかし1時間頑張っても、その患者さんがこの世に戻ってくることはありませんでした。
ドクターから家族へ説明が行われる場に同席したのですが、奥さんであろう人は私と同じ年で、小さな赤ちゃんを抱っこしてみえました。

患者さんにしがみついて泣き崩れる家族さんを前にして、私はなんて声をかけて良いかわからなくなり、私の目にも涙が浮かびました。

身近な世代のCPAは経験がなく、これから未来ある旦那を急に亡くし絶望に打ちひしがれている奥さん、、、この日ほど医療の限界・無力さを感じたことはありませんでした。

生きている限り死というものはいつやってきてもおかしくなく、毎日毎日を大事に生きていくことがどんなに大切なことなのかということを学ばせていただくことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です